日記

イヤイヤ期再来!?上手く乗り切れるか…

4歳になったねーさん、最近イヤイヤ期というか、赤ちゃん返りと言うか、わがままがとってもヒドイんです。

普段温厚(?)な私も、イー‼‼となってイライラ。
あまりよろしくない事を言ってしまって、後悔…という日々を繰り返しています😢

2歳のイヤイヤ期は楽だった…?

ねーさんが2歳の頃、イヤイヤ期が来た時には、

ちー
ちー
これが噂のイヤイヤ期か~…
と、そのすさまじいパワーに圧倒された記憶があります。

ねーさんが生まれてから、だいたい三カ月周期で、ぐずぐずがヒドイ時期が来ていたのですが、イヤイヤ期はまた違った、何とも表現しづらい行動がありました。

とにかく、一度癇癪を起したら手が付けられない。
床に這いつくばって、手足をバタバタ…よく漫画とかでこのシーンを見たなぁなんて思うような日々でした。
何か気に入らないことがあると

ねーさん
ねーさん
パパ、ママ、嫌い。嫌い。嫌い。嫌いーーーー!
の連発で、今になら、まぁ可愛いのなんの。
当時は、毎日のように泣き叫ぶので、声が掠れてそれがとても心配でした。

2歳のイヤイヤ期の対処法…

そんな2歳のイヤイヤ期。
うちでは、ほっておくが一番の対処法でした。
ほっておくと言っても、2歳の子を一人でそこに置いておく…わけではなく、

ちー
ちー
ママ、あっちで〇〇してるから、来たくなったらおいでよ~
と声をかけて、少し距離を開けるようにして見守ってました。

というのも、声をかけても抱っこしようとしても、暴れる&大声で泣き叫ぶだけ…
むしろ、相手にした方が長く続くので、気の済むままに泣き叫ばしておくのが一番。
ある程度時間が経って、本人が納得(?)するとケロっとするので、この時期は、夕立のように過ぎるのを待つようにしていました。

でも、この、ほっておくという決心がつくまでが大変だったんですけどね。
泣き叫ぶ声ってかなり大きいので、人の目とか近所迷惑とか考えたり…
ほっておく=放置している=ネグレクトというイメージで、罪悪感にさいなまれたり…

ちー
ちー
私みたいなんは、ママ失格や…
なんて毎日落ち込んでいました。

でも、その落ち込んだ分、ねーさんがケロっとしたら、その前の行動について色々話して、ねーさんがどんな気分だったのかなどを探るようにして、どうやったら折り合いがつくかを考えるようにしていました。

4歳のイヤイヤ期はすさまじい

やっと乗り切ったと思ったのに、イヤイヤ期って、2歳だけじゃないんですね。
ネットで調べたら、4歳でもまた…😢
でも、この時期が子供の成長にとっても大切なんだとか…
本気でイライラして、めっちゃ怒ってしまって、反省します。

だけど、4歳になった今のイヤイヤ期、本当にすさまじいんです。
朝起きて、階段を降りるときに抱っこしてくれないからと、大泣きしだして、1時間近く…

現在、トイレトレーニング中のねーさん。
トイレに行くのが嫌だとごねだして、1時間…
こんな感じで毎日のように、たくさんの時間の無駄遣いをしております(笑)

この2時間があったら、公園に遊びにも行けるのに…と大人の私は思うのですが、子供のねーさんにとっては、目の前の事柄が最大限のことで、先のことはまだ考えられないんですよね。

いかにうまく気分転換させるかがミソ

4歳ともなると、言葉がしっかりとわかるので、その場しのぎのウソじゃ通用しなくなりますね。
特に、ねーさんは記憶力がよく、2歳の時以来あっていない私の友達を覚えていたり、細かいエピソードを覚えていたりします。
なので、下手にお菓子を買ってあげるとか、アンパンマンミュージアムに連れて行ってあげるとか、言った日には

ねーさん
ねーさん
あの時、〇〇って言ったよね?
と言われます。
ちー
ちー
・・・
母に、その記憶力を少し分けておくれ(笑)

それから

なかなか言うことを聞いてくれないときに、お仕置きのような罰を与えたくなるかもしれませんが、お仕置きや体罰などはしつけとしては有効ではありません。しつけは、望ましい行動を教えること。お仕置きや体罰は、その場の問題行動を止めることはできますが、新たな行動を学ばせる力はありません。

4歳児の癇癪・反抗期!イヤイヤ期の後も続く「4歳児の壁」とは

この記事を読んで、ここ最近の自分の言動を思い返し、また落ち込みました😢
ねーさん、よく考えたらまだ4歳なんですよね。
話すことが一人前で、だからこっちも一人前のことを求めてしまう…

でも、まだまだ甘えたい年頃で、パパやママに守られて、愛されて…そんな時期だということを忘れていました。

ねーさんに寄り添って

子供の時、親が自分の気持ちを理解してくれなくて(躾の為だったと今は理解しています)、私は絶対こんな親にはならないと誓ったんですが(笑)なってましたね、自分本位の親に。
もっと、ねーさんの気持ちに寄り添って、一緒に成長していきたいと思いました。

ねーさんが4歳なら、母親な私もまだまだ4歳。
未熟なのでこれからも色々迷ったり、困ったり、悩んだり…
でも、出来るだけイライラするんじゃなく、毎日を楽しんで過ごせるように心に余裕を持てる人に一緒になっていきたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ